注文住宅のインナーテラス

公開日: |更新日:

注文住宅を建てる際には、ゆったりくつろげるテラスにもこだわりたいですね。インナーテラスは半分屋内になっているので、天候に左右されずにいろいろなことができ、快適に過ごせます。ただ、インナーテラスをつくる際には注意点もありますので、メリット・デメリットと共に確認しておきましょう。

注文住宅にインナーテラスをつくるメリット・デメリット

インナーテラスは家の中や半屋外に作られたテラスのことで、壁や屋根などに囲まれているので、一般的なテラスとは異なる特徴があります。

インナーテラスのメリット

  • 天候に左右されずに利用できる
    一般的なテラスは、雨や雪、風、直射日光などの天候によって使えないこともありますが、屋根や壁に囲まれているインナーテラスなら、天候に左右されずにいろいろなことができます。 たとえば、天気の悪い日に洗濯ものを干したり、強い日差しを避けて風を感じながらのんびりテラスでお茶をしたりなど、いろいろな活用方法があります。
  • 室内とつなげて広々と使える
    リビングの外側にインナーテラスを作り、窓を開放して室内とつなげれば、広々とした空間として利用できます。大人数での食事や来客の多いパーティーなど、ふだんとは違う特別な場でも大活躍するでしょう。
  • プライバシーを守りながら楽しめる
    インナーテラスは、気になる部分を壁で覆うことができるので、近所や通りからの目線を隠してプライバシーを守りながらリラックスして開放的に過ごせます。

インナーテラスのデメリット

  • 屋外のテラスと比べて施工費が高くなる
    インナーテラスは壁の内装や屋根の断熱材などが必要となるため、一般的な屋外のテラスと比べると施工費が高くなってしまいます。目安としては、室内の工事の1/2程度の費用になります。
  • 建築面積に含まれると固定資産税が上がる
    インナーテラスは屋根や柱、壁がある構造の建築面積に含まれることもあります。建築面積は、固定資産税の算出に関わってくるので、インナーテラスによって固定資産税が上がってしまう可能性も考えておかなければなりません。
  • 室内の住居スペースが狭くなる
    建物内の一部をインナーテラスにすることになるので、その分居住スペースを削ることになります。せっかくインナーテラスを作っても、あまり活用されていないとただ部屋が狭くなっただけになってしまうので、慎重に検討する必要があるでしょう。

注文住宅にインナーテラスをつくる際の注意点

注文住宅でインナーテラスをつくる際には、以下のポイントにも注意して検討してください。

使いやすい動線を考える

せっかくインナーテラスを作っても、洗濯物が干しにくい、リビングやダイニングから遠くて使い勝手が悪いなど、動線が悪いと利用頻度が低くなってしまいます。テラスでお茶や食事を楽しみたいならダイニングから、子どもを遊ばせるなら玄関からというように、使いやすい動線を考えた場所に設置するようにしましょう。

閉鎖的にならないようにする

インナーテラスは屋根や壁に囲まれていて、悪天候や他者の視線から守ってれる役割もあります。しかし、外から見えないように囲い過ぎると開放感がなく部屋が暗くなってしまうこともあります。目隠しには植栽を活用するなどして、閉鎖的にならないようにしましょう。

ライフプランに沿った設計を

インナーテラスは、バーベキューや子どもの遊び場などにも適していますが、子どもが大きくなると利用頻度が極端に減る可能性もあります。家を建てるときだけでなく、将来のライフプランも見据えて設置を検討してください。

100社以上から厳選!
高い省エネ性能を誇る宮城のおすすめ注文住宅会社
 

宮城県で注文住宅を建てるなら、耐震性だけでなく省エネ性能にも注目すると、光熱費が節約できて寒さにも財布にも優しい生活が実現できます。100社以上の中からおすすめ会社を選びました。

 
価格重視なら
ロゴスホーム
ロゴスホームの施工事例
引用元:一条工務店
https://www.ichijo.co.jp/example/fudo/明るいリビングと家族の時間を共有できるキッチ/
50.060.0万円(※1)
6
1000万円台から建てられる
北海道品質の省エネ住宅

ロゴスホーム公式HPへ

仙台の見学会について
電話で問い合わせ

名取の見学会について
電話で問い合わせ

大崎の見学会について
電話で問い合わせ

詳細を見る

デザイン重視なら
タカコウ・ハウス
 
タカコウ・ハウスの施工事例
 
引用元:タカコウ・ハウス
https://takakouhouse.com/works/大きな吹き抜けが開放的なzehゼッチ住宅/
67.670.3万円(※2)
5
宮城県内全域
フルオーダー施工可能

タカコウ・ハウス公式HPへ

見学会について
電話で問い合わせ

詳細を見る

【選定基準】宮城県内にモデルハウスや展示場を3箇所以上持ち、ZEHビルダー評価が5つ★以上、且つハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーを過去に受賞している会社
※1参考:Suumo(https://suumo.jp/chumon/tn_miyagi/rn_501224/?ichiranIdx=31)
    ※2参考:公式サイトの実例より坪単価を計算(https://granz-takakou.com/plan/)
※3参考:一条工務店公式HP(https://www.ichijo.co.jp/topics/gwr2021/

関連ページ

宮城県の注文住宅おすすめ工務店・ハウスメーカー「コココチ」

注文住宅を建てる際の注意点
注文住宅の自転車置き場
アフターメンテナンス
注文住宅を建てる工法
二世帯住宅
注文住宅の照明