大崎市

市の基本情報

大崎市は人口132,321人、世帯数51,164世帯、市内に15院の病院を持つ宮城県の市です。東西に細長く伸びており、西側には山間の鬼首温泉や電車で行ける鳴子温泉が、東側は東北本線の鹿島台駅までを含んでいるなど広い面積があります。

そのため東側と西側でも住環境には大きな違いが見られます。東側の古川駅周辺は住宅街となっており、さまざまな施設も集結。一方の西側は自然豊かな温泉街で、のんびりとした環境です。

交通アクセス

細長い地形の大崎市には、その形に沿うように国道と陸羽東線が縦断しています。そのため西側の鳴子温泉までは電車での移動もOK。東側には東北本線も陸羽東線と交差するように走っています。

路線バスや高速バス、コミュニティタクシーなども運行しており、それぞれの交通を補い合うようにネットワークが張り巡らされているのも特徴です。

しかし、西側は東側ほど交通アクセスの利便性は高くはないため、西側に住居を構える場合には車は必需品です。

移住に役立つ市の支援制度

大崎市に移住する際に知っておくと役立つ支援制度を簡潔に紹介します。

医療費助成

通院・入院は中学生まで保険診療の自己負担額を助成してもらえます。ただし、これには所得制限があります。

子育て支援

親子の交流や子育てを支援する施設「子育てわくわくランド」を利用できます。
また、出産前後の女性に対し、家族からの支援がない場合や子育てが困難な家庭には、育児や家事の援助を行うヘルパーを派遣してもらうことができます。

就学支援

経済的な理由により就学が困難な児童生徒の保護者に対し、費用の一部が援助されます。

気候について

気候も東側と西側では大きく異なります。西側の鳴子温泉は豪雪地帯に数えられていますが、東側にある鹿島台駅周辺の平野部の降雪量は西側に比べるとグッと少なくなります。

これは、西側が山間であるのに対し、東側の地区はかなり海に近い場所にあるため、冬に温暖な太平洋側気候の影響を受けるためだと考えられます。東側と西側の間の地域でも、大崎市で家を建てる際にはこうした気候の特徴にも配慮が必要になりそうです。

宮城でこだわりの家を建てる
注文住宅GUIDE

高性能な住宅を建てられる
工務店とハウスメーカーを比較
工務店
ヒノケン
ヒノケンの施工事例
引用元:ヒノケン
性能とデザインを両立中庭を囲む回廊型プランhttp://hinoken.co.jp/gallery/114/
2.7
25
等級3
永久無料

公式HPで
性能を確認

電話で
問い合わせる
(9:00~17:30)

ハウスメーカー
一条工務店
一条工務店の施工事例
引用元:一条工務店
https://www.ichijo.co.jp/example/fudo/奥さまの趣味部屋にこだわる免震住宅。/
2.7
8
等級3
20年間無料

公式HPで
性能を確認

電話で
問い合わせる
(9:00~18:00)

※宮城県の次世代省エネルギー基準値(c値5.0cm2/m2)と外皮平均熱貫通率基準値(Ua値0.75w/m2k)との比較

※高性能住宅とは、国土交通省が定める気密、断熱の基準値を上回り、耐震等級が3のものを指します。

※サポート期間は条件によって変わりますので、詳しくは各企業にお問い合わせください。

関連ページ

宮城県でこだわりの家を建てる注文住宅GUIDE「コココチ」

宮城移住のススメ
名取市
宮城郡
石巻市
柴田郡
仙台市
気仙沼市