宮城で注文住宅を建てるときの注意点

住宅の性能や間取りなど、注文住宅を建てる時にチェックしておきたいポイントについてまとめています。

耐震性能

地震の多い日本で注文住宅を建てる際、気になるのが耐震性能です。耐震性能は、等級1、等級2、等級3で表され、最高等級が3になります。

耐震等級2以上の住宅が耐震住宅と呼ばれます。耐震等級が高い家を建てるメリットとしては、地震への強さだけでなく、台風や強風などにも強いことです。そのため、台風や強風が起こりやすいエリアにも、耐震性能の高い住宅を建てることをおすすめします。

宮城県で、高い耐震性能を誇る注文住宅を手掛けている工務店やハウスメーカーもピックアップしています。

高気密・高断熱性能

高気密・高断熱の家が人気です。その理由は、外の気温に影響されないので、より少ないエネルギーで冷暖房ができ、部屋ごとの温度差も少なく、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるためです。

気密性や断熱性を測る際には、Q値、C値、UA値という数値が出てきますが、それぞれの数値の意味や見方についても解説しています。

宮城県で高気密・高断熱の注文住宅が建てられる工務店やハウスメーカーを紹介。

アフターメンテナンス

注文住宅を建てる際、家の仕様やデザイン、費用なども大切ですが、契約をする前に必ずチェックしたいのが、アフターサービスやメンテナンスです。

家は建てて終わりではなく、そこに住む人にとっては、建ててからが始まりです。長く暮らしていけば、不具合が出たり、経年劣化が表れたりします。そのとき、すぐに対応してくれたり、定期的な点検があると、安心して暮らすことができます。

また、大手ハウスメーカーと工務店では、アフターサービスの体制にも違いがあります。それぞれの利点についてもまとめているので、チェックしてみてください。

間取り

注文住宅を建てるにあたって、間取り決めは最重要事項といえるかもしれません。間取りを決める際には、部屋の配置だけでなく、収納も同時に検討していくとスムーズです。

家を建てた後に後悔することが多いのが、コンセントの位置と数。どこにどんな家電を置くのか、新居での生活をイメージしながら配置していくようにしましょう。

注文住宅には自由設計とプラン(規格住宅)があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、それを踏まえて選ぶようにしましょう。

また、暮らしやすい家のためには動線計画が大切です。家事動線、生活動線、来客動線を踏まえて間取りを決めていくことが、快適な暮らしにつながります。

宮城でこだわりの家を建てる
注文住宅GUIDE

高性能な住宅を建てられる
工務店とハウスメーカーを比較
工務店
ヒノケン
ヒノケンの施工事例
引用元:ヒノケン
性能とデザインを両立中庭を囲む回廊型プランhttp://hinoken.co.jp/gallery/114/
2.7
25
等級3
永久無料

公式HPで
性能を確認

電話で
問い合わせる
(9:00~17:30)

ハウスメーカー
一条工務店
一条工務店の施工事例
引用元:一条工務店
https://www.ichijo.co.jp/example/fudo/奥さまの趣味部屋にこだわる免震住宅。/
2.7
8
等級3
20年間無料

公式HPで
性能を確認

電話で
問い合わせる
(9:00~18:00)

※宮城県の次世代省エネルギー基準値(c値5.0cm2/m2)と外皮平均熱貫通率基準値(Ua値0.75w/m2k)との比較

※高性能住宅とは、国土交通省が定める気密、断熱の基準値を上回り、耐震等級が3のものを指します。

※サポート期間は条件によって変わりますので、詳しくは各企業にお問い合わせください。

関連ページ

宮城県でこだわりの家を建てる注文住宅GUIDE「コココチ」

  • 宮城・多賀城市の注文住宅会社
  • 宮城・富谷市の注文住宅会社
  • 宮城・宮城郡の注文住宅会社
  • 宮城・黒川郡の注文住宅会社
  • 宮城・白石市の注文住宅会社
  • 宮城県・柴田郡の注文住宅会社
  • 宮城・気仙沼市の注文住宅会社
  • 宮城・名取市の注文住宅会社
  • 宮城・登米市の注文住宅会社
  • 宮城・仙台市の注文住宅会社
  • 宮城・石巻市の注文住宅会社
  • 宮城・大崎市の注文住宅会社
  • 注文住宅を建てる際の注意点
  • 宮城移住のススメ