住宅性能評価

公開日: |最終更新日時:

住宅性能評価とは?

平成12年4月1日に、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」という法律が施行されました。この法律を、「10年の瑕疵保証」「紛争処理体制」に並んで支える三本柱のひとつが「住宅性能評価」です。

住宅性能評価では、住宅が持つ性能をわかりやすく表示することを義務付けています。その目的は、構造耐力、省エネルギー性、遮音性といった住宅の持つ性能を図るための共通基準を設け、消費者による住宅性能の相互比較を可能にすることです。

評価結果の信頼性を確保するために、住宅性能評価は第三者機関によって行われます。また、住宅性能評価書に記載された住宅性能は、原則として契約内容としてみなされ、表示された性能を発揮するものとされているのです。

参照元:住宅性能評価・表示協会「住宅性能表示制度とは」

評価基準は10項目

構造の安定

地震で建物に大きな力が加わったときの倒壊のしにくさ、損傷のしにくさを評価し、3段階の耐震等級として表示する項目です。ほかにも、強風や積雪に対する耐久力の評価もあります。

温熱環境・エネルギー消費量

壁や窓の断熱性および設備のエネルギー消費量を評価する項目です。4段階ある「断熱等対策等級」と「次エネルギー消費量対策等級」のふたつの評価基準があります。

劣化の軽減

土台や柱の経年劣化に対する対策がどの程度なされているかを評価する項目です。

維持管理・更新への配慮

水道やガスの配管の点検や交換をどの程度容易に行えるかを評価する項目です。共同住宅では将来的な間取り変更のための天井高なども評価されます。

火災時の安全

火災発生時の避難しやすさ、燃え広がりにくさ、延焼しにくさを評価する項目です。

空気環境

シックハウス対策に関する項目です。ホルムアルデヒドなどの化学物質が含まれた建材の使用割合や換気設備を評価します。

光・視環境

東西南北+上の5方向に、どのくらいの面積の窓が設置されているかを評価する項目で す。

音環境

共同住宅における上下左右への音の伝わり方を評価する項目です。

高齢者等への配慮

バリアフリーに関する項目です。段差をなくす、階段を緩やかにするなどの部分を評価します。

防犯対策

屋外からの侵入の歯肉さを評価する項目です。ドアや窓に、雨戸やシャッターといった防犯性の高い設備が設置されているかどうかを評価します。

制度のメリット

住宅の持つ耐震性や省エネ機能がひと目で分かる

これは住宅性能評価の目的でもありますが、見ただけではわからない住宅の耐震性や省エネ機能をひと目で理解できるようになることは大きなメリットです。将来的に住宅はますます高機能化を求められるので、ひと目で理解できる共通の評価基準があることは非常に重要だと言えるでしょう。

地震保険料の割引などの経済的なメリットもある

性能評価書を取得した住宅には、耐震等級に応じた地震保険の割引制度が適用されます。ほかにも、金融機関によっては建設性能評価を受けることで住宅ローン金利を優遇してくれるところもあるのでお得です。

また、住宅性能評価を受けることで住宅ローン控除や補助金などの優遇措置を受けることができます。住宅は人生の中でも特に大きな金額が動く買い物なので、経済的なメリットも活用しましょう。

中古住宅利用の条件としても機能する

築年数の古い中古住宅であっても、耐震性を評価した評価所があればそれをもって耐震性の保証書とすることができます。また、フラット35を利用する際も、性能評価書があれば一部の手続きを簡略化することができます。

トラブル解決のサポートを受けられる

建設性能評価を受けた住宅なら、請負契約や売買契約に関するトラブルが起きた場合でも指定住宅紛争処理機関にトラブル解決のサポートを依頼することができます。裁判よりも迅速にトラブルを解決できるうえに費用も安く済むというのが大きなメリットです。

宮城でこだわりの家を建てる
注文住宅GUIDE

高性能な住宅を建てられる
工務店とハウスメーカーを比較
工務店
ヒノケン
ヒノケンの施工事例
引用元:ヒノケン
性能とデザインを両立中庭を囲む回廊型プランhttp://hinoken.co.jp/gallery/114/
2.7
25
等級3
永久無料

公式HPで
性能を確認

電話で
問い合わせる
(9:00~17:30)

ハウスメーカー
一条工務店
一条工務店の施工事例
引用元:一条工務店
https://www.ichijo.co.jp/example/fudo/奥さまの趣味部屋にこだわる免震住宅。/
2.7
8
等級3
20年間無料

公式HPで
性能を確認

電話で
問い合わせる
(9:00~18:00)

※宮城県の次世代省エネルギー基準値(c値5.0cm2/m2)と外皮平均熱貫通率基準値(Ua値0.75w/m2k)との比較

※高性能住宅とは、国土交通省が定める気密、断熱の基準値を上回り、耐震等級が3のものを指します。

※サポート期間は条件によって変わりますので、詳しくは各企業にお問い合わせください。

関連ページ

宮城県でこだわりの家を建てる注文住宅GUIDE「コココチ」

注文住宅を建てる際の注意点
補助金・助成金制度
耐震性能
注文住宅にかかる税金
高気密・高断熱性能
注文住宅でたてる防犯対策
二世帯住宅
家を建てる時に入る保険
注文住宅を建てる工法
間取り
アフターメンテナンス