パッシブデザイン

公開日: |最終更新日時:

住宅の設計手法であるパッシブデザイン。名前は聞いたことがあってもどのような住宅なのか知らない人のために、詳しい特徴やメリット・デメリットをまとめました。

パッシブデザインとは

太陽光や風などの自然エネルギーを利用して暮らす住宅の設計手法のことを言います。電気をできるだけ使わずに、冬暖かく夏涼しいを実現。機械に頼らず日本らしい四季を感じながら、心地の良い暮らしを目指せる住まいです。

パッシブデザインでは
何を行うのか

日中の太陽光で明るく

昼間は電気をつけなくても十分な明るさが確保できるよう、窓の位置や数を決めます。ただ窓の数や面積を増やすのではなく、夏の強い日差しはカットできるように屋根の角度を考えたり、天窓を追加。明るさは取りながら熱は調整するのがパッシブデザインの考え方です。

断熱と太陽熱で冬暖かく

できるだけ自然のエネルギーを利用するパッシブデザインでは、冬の室内を暖かく保つために太陽熱を利用します。日が低くなる冬に光がたっぷり差し込むよう、窓の位置を調整。壁や天井、床なども熱が逃げにくいように断熱性を高めることで、昼間に取り込んだ熱で1日中暖かさが続くように設計します。

自然風と遮蔽で夏涼しく

窓やドアの位置を工夫することで風が入りやすい構造にし、自然風を天然のエアコンとして家の中に取り入れます。大きな窓のそばに植物を植えることで日陰をつくり、そこから涼しい風が家を横断するように窓やドアを配置するのが一般的です。他にも窓にひさしをつけたり、屋根や壁に遮熱効果のある設備を取り入れることで、外部の熱が入りにくい構造にします。

パッシブデザインのメリット

健康的で自然な生活が送れる

自然の力を利用して安定した室温が保たれるため、身体の負担が少なく、ヒートショックのリスクも避けられます。日本の四季を感じられ、1年中気持ちよく過ごせるでしょう。

省エネでお財布にもやさしい

光や熱、風を活用するため、エアコンや照明の利用を抑えられ、光熱費を削減できます。家計を圧迫する光熱費が減ることで、ローン返済の負担が軽減され、家族のために利用できるお金が増えるのが大きなメリットでしょう。

パッシブデザインのデメリット

建築費が高くなりがち

一般的な住宅に比べ、壁や窓、屋根などの断熱性・気密性を高める必要があるため、そのぶん建築コストが高くなります。施工にかかる期間も一般的な住宅より長めなので注意しましょう。実際に住んでからの光熱費をシュミレーションして、お得になるか検討しておくのがおすすめです。

間取りや設備の変更がしにくい

パッシブデザインでは、窓の位置や屋根の形、建物の大きさまで、1年を通して自然エネルギーを活用できるよう緻密に計算されています。途中で1つの設備を変更すると家全体に影響を及ぼす可能性があるため、容易ではありません。設計前から慎重に計画し、どうしても変更を行いたい際は設計士の方とよく相談する必要があります。

宮城でこだわりの家を建てる
注文住宅GUIDE

高性能な住宅を建てられる
工務店とハウスメーカーを比較
工務店
ヒノケン
ヒノケンの施工事例
引用元:ヒノケン
性能とデザインを両立中庭を囲む回廊型プランhttp://hinoken.co.jp/gallery/114/
2.7
25
等級3
永久無料

公式HPで
性能を確認

電話で
問い合わせる
(9:00~17:30)

ハウスメーカー
一条工務店
一条工務店の施工事例
引用元:一条工務店
https://www.ichijo.co.jp/example/fudo/奥さまの趣味部屋にこだわる免震住宅。/
2.7
8
等級3
20年間無料

公式HPで
性能を確認

電話で
問い合わせる
(9:00~18:00)

※宮城県の次世代省エネルギー基準値(c値5.0cm2/m2)と外皮平均熱貫通率基準値(Ua値0.75w/m2k)との比較

※高性能住宅とは、国土交通省が定める気密、断熱の基準値を上回り、耐震等級が3のものを指します。

※サポート期間は条件によって変わりますので、詳しくは各企業にお問い合わせください。

関連ページ

宮城県でこだわりの家を建てる注文住宅GUIDE「コココチ」

注文住宅を建てる際の注意点
アフターメンテナンス
注文住宅を建てる工法
土地探しの方法
間取り
住宅ローンで気を付けること
二世帯住宅
注文住宅でたてる防犯対策
住宅性能評価
補助金・助成金制度
高気密・高断熱性能