注文住宅のワークスペース

公開日: |更新日:

リモートワークや自宅での副業など、さまざまな働き方ができるようになり、自宅で仕事をする人も珍しくなくなりました。これから注文住宅を建てるなら、集中して仕事ができるワークスペースを作って活用したいですね。そこで、注文住宅のワークスペースについて、メリットやデメリット、検討する際に注意したいポイントをまとめました。

注文住宅にワークスペースを設置するメリット

自宅にワークスペースを設置することには、いろいろなメリットがあります。

仕事や趣味の作業に集中できる

ワークスペースに明確な定義はなく、その部屋を使う人の目的によって使いやすいように作ることができます。一般的には、パソコンを使用した調べものや書類作成、勉強や書き物、プラモデルなどの細かな作業等、仕事に限らず一人で集中したいときに使えるスペースになります。

特に、家族と同居している場合は周りに人がいると気が散ってしまうときでも、一人になれる空間があると、何か特別なことをするわけではなくても集中できる空間として活用できるでしょう。

静かな環境でオンライン会議や通話ができる

リモートワークが増えてからは、パソコンやスマートフォンでのオンライン会議や通話によるミーティングなどの機会も格段に増えました。そんなときに気になるのは、家族の声や生活音が聞こえてしまうことでしょう。

カメラをつないでのオンライン会議では、音声だけでなく周囲の環境も見られてしまうので、小さな子どもやペットがいると周りが気になってしまいます。そこでワークスペースで一人になれる環境があれば、周囲を気にすることなく会議に集中でき、スムーズに通話できて仕事もやりやすくなります。

細かい作業も中断しておける

プラモデルの作成や手芸などの趣味の作業でも、途中でやめると細かい部品の紛失などが気になります。

特に、小さな子どもやペットによる悪意のないいたずらは、なかなか止めることができず、保管場所に困ってしまうこともあります。本人しか入らないワークスペースがあれば、中断したままの状態で保存できるので安心です。

注文住宅にワークスペースを設置するデメリット

いろいろな用途に使えるワークスペースですが、設置する際にはデメリットについても把握しておきましょう。

使用頻度が低いと無駄なスペースになってしまう

ワークスペースは、仕事や趣味など明確な目的をもって設置する部屋であり、使いやすいようにカスタマイズされていると、ほかの用途には使いにくくなってしまう場合もあります。

仕事や趣味の内容が変わってしまうと、せっかく作ったワークスペースの使用頻度が減り、ただの収納場所になってしまったり、使い道がなくってしまったりして、無駄なスペースになってしまう可能性もあります。

ワークスペースにこもりがちで家族との時間が減ってしまう

自宅にワークスペースがあると、会社と違って帰る時間を考えなくてもよくなるので、仕事に集中するあまり長時間こもってしまうこともあります。

会社に通勤することで仕事とプライベートの区別をしていた人は、自宅で仕事をすることによりオンオフの区別がつきにくくなってしまいがちなので、家族との時間も大切にするような心持も必要になるでしょう。

注文住宅のワークスペースを検討する際のポイント

注文住宅でワークスペースの設置を検討する際には、以下のポイントに注意してみてください。

ネット環境やコンセントの数に配慮する

ワークスペースでどんな作業をするかによっても異なりますが、パソコンを使用する場合は、Wi-Fiや有線LANなどのネット環境が整っているかどうかや、電気製品を複数使用できるコンセントがあるかどうかなどの配慮が必要です。

机を配置する位置からどこにパソコンを置くかも考え、電源コードなどの動線がスムーズになるよう、コンセントの位置も検討してみてください。

本や資料を収納できる棚やキャビネットの配置

ワークスペースには、仕事や作業ができるスペースがあればいいので、あまり広さは必要としません。しかし、本や資料、道具などがたくさんある場合は、収納できる棚やキャビネットの配置もあらかじめ考えておきましょう。

日当たりや室温を確認しておく

ワークスペースを使用する時間が決まっているなら、その時間帯の日当たりや室温についても確認しておきましょう。

小さな窓があれば明るくなり換気もできますが、朝日がまぶしくてパソコン画面が見にくい、西日が当たって午後から室温が高くなるなど、作業に向かない方角に設置するのはなるべく避けて、影響が出にくい場所に作るようにしてください。

100社以上から厳選!
高い省エネ性能を誇る宮城のおすすめ注文住宅会社
 

宮城県で注文住宅を建てるなら、耐震性だけでなく省エネ性能にも注目すると、光熱費が節約できて寒さにも財布にも優しい生活が実現できます。100社以上の中からおすすめ会社を選びました。

 
価格重視なら
ロゴスホーム
ロゴスホームの施工事例
引用元:一条工務店
https://www.ichijo.co.jp/example/fudo/明るいリビングと家族の時間を共有できるキッチ/
50.060.0万円(※1)
6
1000万円台から建てられる
北海道品質の省エネ住宅

ロゴスホーム公式HPへ

仙台の見学会について
電話で問い合わせ

名取の見学会について
電話で問い合わせ

大崎の見学会について
電話で問い合わせ

詳細を見る

デザイン重視なら
タカコウ・ハウス
 
タカコウ・ハウスの施工事例
 
引用元:タカコウ・ハウス
https://takakouhouse.com/works/大きな吹き抜けが開放的なzehゼッチ住宅/
67.670.3万円(※2)
5
宮城県内全域
フルオーダー施工可能

タカコウ・ハウス公式HPへ

見学会について
電話で問い合わせ

詳細を見る

【選定基準】宮城県内にモデルハウスや展示場を3箇所以上持ち、ZEHビルダー評価が5つ★以上、且つハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーを過去に受賞している会社
※1参考:Suumo(https://suumo.jp/chumon/tn_miyagi/rn_501224/?ichiranIdx=31)
    ※2参考:公式サイトの実例より坪単価を計算(https://granz-takakou.com/plan/)
※3参考:一条工務店公式HP(https://www.ichijo.co.jp/topics/gwr2021/

関連ページ

宮城県の注文住宅おすすめ工務店・ハウスメーカー「コココチ」

注文住宅を建てる際の注意点
注文住宅の費用
間取り
注文住宅の照明
二世帯住宅
耐震性能