注文住宅を建てる工法

公開日: |最終更新日時:

自分の理想通りの注文住宅を建てるためには、さまざまな種類の工法から適切なものを選ぶことが大切です。ここでは、代表的な工法である木造軸組工法、軽量鉄骨造、鉄筋コンクリート(RC)造についてまとめてみました。

注文住宅を建てられる工法の種類

木造軸組工法

日本で古来から用いられてきた、木造住宅を建てるための工法です。現在でも多くの住宅がこの工法で建てられているとも言われています。基礎の上に木造の柱と梁を組み上げることで建物の枠組みを作り上げる工法です。

木造軸組工法のメリット

日本家屋の魅力を引き出した住まいを建てられる

日本古来から用いられてきた工法だけあって、木造軸組工法で建てられた家は日本家屋の魅力を持っています。昔ながらの日本家屋風の注文住宅を建てたい人には、木造軸組工法が適していると言えるでしょう。

自然素材で健康被害を抑えられる

住宅の素材や、建材に化学物質が多量に含まれていると、それらの物質が屋内に放散されてさまざまな健康被害「シックハウス症候群」を引き起こすことがあります。しかし、木造軸組工法では天然の木を用いているので、小さなお子さんやお年寄りでも健康被害の危険のない住まいを建てることができるのです。

木造軸組工法のデメリット

設計の自由度が低い

木造軸組工法で建てられた家は、柱や梁、筋交いで建物を支える構造になっています。したがって、建物の強度を確保するためには柱を除去して広い空間を確保したり、壁に大きな窓を設置したりすることは困難です。そのため、ほかの工法に比べて設計の自由度は低くなります。

湿気による腐食や虫害が起こりやすい

木造軸組工法で建てられる住まいは木でできているので、湿気による腐食、またはシロアリによる虫害のリスクがあります。木造軸組工法で家を建てるなら、これらに対する対策は必須となるでしょう。

軽量鉄骨造

軽量鉄骨造は、軽量の鉄骨で住まいの枠組みを構成する鉄骨系プレハブ工法です。多くのハウスメーカーが取り入れている工法で、骨組み自体は木造軸組工法と同じになります。

軽量鉄骨造のメリット

設計の自由度が高い

軽量鉄骨造は、木造軸組工法に比べて強度の高い住まいを建てられる工法です。そのため、木造軸組工法では難しい広い空間を持つ間取りや大型の窓の設置などが可能となります。

均等な品質の住まいが建てられる

軽量鉄骨造に用いられる素材は、工場で大量生産されたものです。したがって、素材や事業所による品質のばらつきが少なく、安定した品質が期待できます。

軽量鉄骨造のデメリット

熱を通しやすい

鉄骨は熱を通しやすいため、軽量鉄骨造の住まいは室内の熱が外に逃げやすく、屋内での結露が発生しやすいというデメリットがあります。

防火性、防音性が低い

軽量鉄骨造の住まいは、ほかの工法で建てられた住まいに比べて火災時の光熱に弱い、防音性に劣るという弱点があります。

鉄筋コンクリート(RC)造

鉄筋コンクリート(RC)造は、鉄骨で作った骨組を型枠で囲んでコンクリートを流し込む工法です。主に建築家によるデザイン住宅や高級住宅に用いられています。

鉄筋コンクリート(RC)造のメリット

幅広い設計に対応できる

型枠が作れればさまざまな形状の住まいを建てられるので、狭小地や変形地にも住まいを建てられます。また、特殊な形状や間取りの住まいを建てるのにも適しているのです。

高い耐久性を確保できる

鉄筋とコンクリートの長所を併せ持っているので、非常に高い耐久性を持ちます。コンクリートは耐火性や耐腐食性に優れ、中の鉄筋をサビや腐食から守ってくれます。また鉄筋は高い耐震性がある点も大きなメリットです。

鉄筋コンクリート(RC)造のデメリット

品質のばらつきがある

鉄筋コンクリート(RC)造の建設作業は、ほとんどの作業が現場で行われます。そのため、施工業者によって品質のばらつきが生じてしまうのです。また、施工時の天候の影響も大きく受けるので、工期が長引いてしまうケースもあるでしょう。

夏は暑く冬は寒くなりがち

コンクリートは熱を通しやすいため、鉄筋コンクリート(RC)造の住まいはどうしても屋内に熱が溜まりやすく、夏は暑く冬は寒くなりがちになってしまうという弱点があります。

宮城でこだわりの家を建てる
注文住宅GUIDE

高性能な住宅を建てられる
工務店とハウスメーカーを比較
工務店
ヒノケン
ヒノケンの施工事例
引用元:ヒノケン
性能とデザインを両立中庭を囲む回廊型プランhttp://hinoken.co.jp/gallery/114/
2.7
25
等級3
永久無料

公式HPで
性能を確認

電話で
問い合わせる
(9:00~17:30)

ハウスメーカー
一条工務店
一条工務店の施工事例
引用元:一条工務店
https://www.ichijo.co.jp/example/fudo/奥さまの趣味部屋にこだわる免震住宅。/
2.7
8
等級3
20年間無料

公式HPで
性能を確認

電話で
問い合わせる
(9:00~18:00)

※宮城県の次世代省エネルギー基準値(c値5.0cm2/m2)と外皮平均熱貫通率基準値(Ua値0.75w/m2k)との比較

※高性能住宅とは、国土交通省が定める気密、断熱の基準値を上回り、耐震等級が3のものを指します。

※サポート期間は条件によって変わりますので、詳しくは各企業にお問い合わせください。

関連ページ

宮城県でこだわりの家を建てる注文住宅GUIDE「コココチ」

注文住宅を建てる際の注意点
家を建てる時に入る保険
アフターメンテナンス
間取り
注文住宅にかかる税金
住宅性能評価
パッシブデザイン
耐震性能
高気密・高断熱性能
二世帯住宅
補助金・助成金制度