間取り

注文住宅の間取りの決め方

注文住宅における間取りの決め方や自由設計と規格住宅の違い、動線計画の重要性についてまとめています。

注文住宅を建てるにあたって重要なのが、間取り決めです。間取りというと、リビングやキッチン、寝室など、各部屋の配置にばかり気を取られがちですが、部屋の配置を考える時には、収納も同時に検討していくようにしましょう。

どの部屋にどの荷物を置くのか、いま住んでいる家の収納スペースがどれくらいあって、荷物がどれくらいあるのかを確認して、それよりも多めの荷物が入るくらいの収納スペースを確保するようにしましょう。

また、家ができた後に、コンセントが少ないことに気付いたという人も多いようです。どこにどんな家具や家電を置くか、掃除の際はどこにコンセントが必要になるのかなどをイメージしながら、コンセントの位置や数を配置していきましょう。

自由設計とプラン(規格住宅について)

注文住宅には、間取りや設備をすべて自由に選べる自由設計と、用意されたプランの中から間取りや設備を選択する規格住宅があります。

自由設計は、すべてを自分の好みに合わせて造ることができるというメリットがありますが、検討期間が長くなったり、こだわりを詰め込みすぎると費用が高くなってしまうというデメリットも。

規格住宅は、間取りや設備がある程度決まっているので、時間がない場合や、すべてを決めるのは面倒という人におすすめ。ただし、間取りのプランや設備の選択肢が限られてしまい、希望するものが選べないこともあります。

暮らしやすい家のためには動線計画が大切

快適に暮らすために重要なのが動線です。とくに、料理や洗濯などの家事は毎日行うため、家事動線が悪いと、無駄な動きが多くなり、ストレスも溜まりがちに。効率的に家事をこなすためにも、家事動線はできるだけ短い距離で移動できるように考慮しましょう。

家事動線のほか、トイレやお風呂への移動の「生活動線」や、お客様が来た時に、玄関からリビングや客間に行く「来客動線」もあります。

家事動線、生活動線、来客動線が、なるべく交わらないようにすると、スムーズだといわれています。なかでも気をつけたいのが来客動線。玄関からリビングや客間に行くまでの間に、浴室や洗面所などのプライベートな空間を配置してしまうと、来客中に使いづらくなってしまうので注意しましょう。

注文住宅の性能についても確認する

宮城でこだわりの家を建てる
注文住宅GUIDE

高性能な住宅を建てられる
工務店とハウスメーカーを比較
工務店
ヒノケン
ヒノケンの施工事例
引用元:ヒノケン
性能とデザインを両立中庭を囲む回廊型プランhttp://hinoken.co.jp/gallery/114/
2.7
25
等級3
永久無料

公式HPで
性能を確認

電話で
問い合わせる
(9:00~17:30)

ハウスメーカー
一条工務店
一条工務店の施工事例
引用元:一条工務店
https://www.ichijo.co.jp/example/fudo/奥さまの趣味部屋にこだわる免震住宅。/
2.7
8
等級3
20年間無料

公式HPで
性能を確認

電話で
問い合わせる
(9:00~18:00)

※宮城県の次世代省エネルギー基準値(c値5.0cm2/m2)と外皮平均熱貫通率基準値(Ua値0.75w/m2k)との比較

※高性能住宅とは、国土交通省が定める気密、断熱の基準値を上回り、耐震等級が3のものを指します。

※サポート期間は条件によって変わりますので、詳しくは各企業にお問い合わせください。

関連ページ

宮城県でこだわりの家を建てる注文住宅GUIDE「コココチ」

注文住宅を建てる際の注意点
アフターメンテナンス
高気密・高断熱性能
注文住宅にかかる税金
耐震性能
補助金・助成金制度
家を建てる時に入る保険