二世帯住宅

公開日: |最終更新日時:

親世帯、子世帯は「スープの冷めない距離がちょうど良い」なんて言葉もありますが、さまざまな事情があり二世帯住宅を考えることもあるでしょう。大きく3種類ある二世帯住宅の建て方や、メリット・デメリットについて解説します。

二世帯住宅の種類

完全同居型

お風呂やトイレ、キッチンをはじめ、寝室以外はすべて共有するタイプの二世帯住宅です。空間的な隔たりはなく、同じ一つの住宅の中で生活します。

キッチンやお風呂といった設備が1つで済むため、二世帯住宅の中では建築費用を抑えられるのが完全同居型のメリットです。将来一世帯になったときも工事がいらず、無駄になる空間がありません。

ただし、世帯ごとのプライバシーの確保が難しいことが難点。電気代やガス代など光熱費の管理もしづらいため、事前に話し合ってルールを決めておかないとトラブルに発展しやすくなります。

部分共有型

玄関は共有しながら、1階は親世帯、2階は子世帯とスペースを分けて居住するタイプ。玄関とLDKのみ共有するケースや、LDKは別で水回りを共有するケースなど、さまざまあります。

完全同居型に比べ、プライバシーが確保しやすいのがメリットです。お互いの空間は行き来しやすいものの、完全同居ではないため、程よい距離感を保てます。

デメリットとしては設備を増やすほど建築コストが高まることです。とくにキッチンはスペースや配管の調整も必要になるため、両世帯につけるとコストが上がります。

完全分離型

玄関も別々で完全に居住スペースを分離するタイプです。外から見ると一つの建物ですが、両世帯の空間は壁で仕切られているため、ご近所さんほどの距離感で生活できます。左側と右側で分けるパターンや、1階と2階で分けるパターンなどがあります。

ほぼ別の家として考えられるため、世帯ごとのプライバシーが守られるのがメリットです。光熱費も別々に支払うことになるのでトラブルのリスクを抑えられます。

同じ条件で二世帯を建てた場合、完全分離型の建築費用が最も高くなります。水回りはもちろん、すべての設備が2倍になるためです。

二世帯住宅のメリット

子育てで親世帯を頼れる

共働き世帯が増えている昨今、子どもを見る目が増えるのは二世帯住宅のメリットでしょう。しかも親世帯は子育ての先輩なので、強い味方。子どもの成長を家族みんなで感じられます。

同じように掃除や洗濯など家事も分担しやすいのが魅力です。

体調不良時のサポートしやすさ

だんだんと高齢になる親世帯。同じ屋根の下に住むことで、日々の変化がわかりやすく、体調を崩したときにすぐサポートできます。将来的に一緒に住むことを考えるなら、体力があるうちに引越しするほうがお互い負担も少なくなります。

ローン返済しやすい可能性も

二世帯住宅は基本的に、一世帯の住宅よりは設備が多いぶん費用が高くなりますが、住宅を二つ建てるほどはかかりません。親世帯と子世帯、両世帯で協力してローンを返済していけば通常よりも返済負担が軽くなる可能性があります。

二世帯住宅のデメリット

生活する上で何かと気を遣う

完全分離型であったとしても、隔てる壁や床は一枚。離れて住むよりも気を遣う場面は多数あります。友人を遅くまで家にあげても大丈夫か、生活音は響いていないか、ご飯は一緒に食べたほうが良いのかなど。トラブルを避けるために、ご飯の支度や共有スペースの使い方などは、できるだけ住む前にルールを決めておくのが良いでしょう。

家づくりが制限される

共有スペースが多ければ多いほど、間取りやデザインについて意見が割れる可能性が高まります。またコストや建築範囲の都合上、理想通りの空間が確保できない可能性も。後でトラブルにならないよう、二世帯で十分にコミュニケーションを取って家づくりを進めることが大切です。

相続や売却時のトラブル

完全分離型であっても、二世帯住宅の売却には親世帯・子世帯両方の許可が必要になります。意見が一致しても需要が少ないため、思うように売却できない可能性が高いでしょう。また親の遺産が二世帯住宅しかない場合、同居していない兄弟姉妹とトラブルに発展するケースがよくあります。事前に相続時を想定して話し合うのが理想です。

100社以上から厳選!
      高い省エネ性能を誇る宮城のおすすめ注文住宅会社
 

宮城県で注文住宅を建てるなら、耐震性だけでなく省エネ性能にも注目すると、光熱費が節約できて寒さにも財布にも優しい生活が実現できます。100社以上の中からおすすめ会社を選びました。

 
価格重視なら
ロゴスホーム
     
ロゴスホームの施工事例
引用元:一条工務店
https://www.ichijo.co.jp/example/fudo/明るいリビングと家族の時間を共有できるキッチ/
50.060.0万円(※1)
6
1000万円台から建てられる
北海道品質の省エネ住宅

ロゴスホーム公式HPへ

詳細を見る

デザイン重視なら
タカコウ・ハウス
       
タカコウ・ハウスの施工事例
       
引用元:タカコウ・ハウス
https://takakouhouse.com/works/大きな吹き抜けが開放的なzehゼッチ住宅/
67.670.3万円(※2)
5
宮城県内全域
フルオーダー施工可能

タカコウ・ハウス公式HPへ

詳細を見る

信頼性重視なら
一条工務店
一条工務店の施工事例
引用元:一条工務店
https://www.ichijo.co.jp/lineup/i-smart/
記載なし
6
住まいの性能において、
         3つのギネス世界記録を達成(※3)

一条工務店公式HPへ

詳細を見る

【選定基準】宮城県内にモデルハウスや展示場を3箇所以上持ち、ZEHビルダー評価が5つ★以上、且つハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーを過去に受賞している会社
※1参考:Suumo(https://suumo.jp/chumon/tn_miyagi/rn_501224/?ichiranIdx=31)
    ※2参考:公式サイトの実例より坪単価を計算(https://granz-takakou.com/plan/)
※3参考:一条工務店公式HP(https://www.ichijo.co.jp/topics/gwr2021/

関連ページ

宮城県でこだわりの家を建てる注文住宅GUIDE「コココチ」

注文住宅を建てる際の注意点
住宅ローンで気を付けること
注文住宅を建てる工法
補助金・助成金制度
土地探しの方法
パッシブデザイン
間取り
注文住宅でたてる防犯対策
耐震性能
アフターメンテナンス
注文住宅にかかる税金